2012年11月26日

遠心力

自分が自分が・・・と中心になると、遠心力により周囲が飛ばされ、結局ひとりになってしまう。
皆でみんなで・・・とみんなを中心にすると、遠心力により巻き込まれ、結果ひとつになれる。
自分もみんなも・・・と手をつなぎ中心となれば、バランスのよいきれいな〇になるかもね。



posted by りりーまこ at 19:06| Comment(0) | ひとり言

2011年08月14日

私と私と私の会話

つい先日「岩手県老人クラブの皆様」と新たなご縁ができました。
深い悲しみを抱えた笑顔は「慈悲の世界」「泥沼に咲く蓮の花」そのものでした。
泥沼でなくては蓮の花は咲かない・・・という意味を痛感しました。
被災地を訪問するたびに「時代の転換期」に生まれたことを強く感じます。

避難所で生活している被災者の方から「優しくしないでれろ、これからは一人だから」と言われ
かける言葉が見つからず、ただただ横に座り背中をさすっていました。
私の中の一人が「強い人だから、ほっといてほしいのかな」もう一人が「心底寂しいけれど大人だから
本心を隠しているのよ」さらにもう一人が「自分だったらどうなのよ」と次々話しかけてきます。
無言の時間の見えない世界の聴こえない会話・・・でも強く手を握ったら伝わった。
「そんなに強く握ったら痛いじゃない、わかっているから大丈夫よ」
「痛いということは生きている証拠だもんね」と大きな声と笑みで応えてくれた。

今回訪問した岩手県でも、多くの被害を受けながらも「日々感謝」の生活を送っている姿を目にして
対極を知ることの大切さを感じた。
陸前高田の老人クラブの方々が、どんどん設備の整った仮設住宅が建って・・・3月中に仮設住宅に入居したので・・・でもくじ運がよかったから早く入居できた!と喜んでいた。
当たり前は当たり前ではない・・・努力の上に成り立っていることを忘れないようにしたい。

「震災犠牲者の方のご冥福を心からお祈り申し上げます」
「被災された皆様へ心からお見舞い申し上げます」

東北の方々へ永遠の愛を誓い、微力ながら応援させて頂きます。


posted by りりーまこ at 17:38| Comment(0) | 日記

2011年04月07日

解釈

どのように感じ受け止めるか?自由意思
混沌とした中から全てが明らかになる時
天の岩戸開きが近づいているような・・・
時代の転換期の立会い人として後世にカタルシス
歓喜の涙となる事を願って
posted by りりーまこ at 08:21| Comment(0) | 日記